2022年01月02日

こう飲めば太らない⁈ダイエット中のお酒の上手な飲み方

あけましておめでとうございまするんるん

1.png

しっかり食べても大丈夫!
気持ちもお腹の脂肪もスッキリ軽くする
とことんよりそう【パーソナルトレーニング 朋】の高橋朋子です黒ハート

今年も皆様のダイエットに役立つ情報をお届けしてまいりますグッド(上向き矢印)
本年もどうぞよろしくお願いいたしますぴかぴか(新しい)


こう飲めば太らない⁈ダイエット中のお酒の上手な飲み方

3.png

お正月はおうちや実家ですごす方が多いと思います。
お出かけしないとなると、
『食べる』
『飲む』
『ゴロゴロする』
の比率が多くなって、
お酒に関しても、飲みすぎてしまいがちですバービール
(朝から飲めちゃうし(笑))

そこで、
ダイエット中の上手なお酒の飲み方、体重増加を防ぐポイントをお伝えしたいと思います。

2.png




【ポイント@カロリーの摂りすぎにならないように】

下の図は一般的なお酒の1日の適量とそのカロリーです。

アルコールの適量とカロリー.png

この図を見て
飲んだお酒でどのくらいのカロリーを摂っているのか把握してみましょう。

当たり前ですが、飲みすぎればカロリー摂取量も増えるので、
それを続ければ、やがて使いきれなかったエネルギーは脂肪となり
身体に蓄積されていきます。

一緒にちょこちょこつまんだ『おつまみ』なども、忘れがちですが
ちゃんと『食べたもの』カウントにいれて下さいねひらめき




【ポイントA水分不足にならないように】

アルコールには利尿作用があります。
お酒を飲むと、トイレが近くなるのはこのせいです。

4.png

特にビールは利尿作用が強いので1リットル飲むとそれ以上の1.1〜1.2リットルの水分が尿となって排出されます。
また、アルコールが肝臓で分解されるときも水分が必要です。

なので
お酒を飲むときは十分に水分補給しないと、翌日、
・身体や顔のむくみ
・肌のくすみ
・のどの渇きなどの症状が現れます。

あけまして おめでとう ございます.png

これは脱水の影響で新陳代謝が悪化しているためで、
いつもは水分が体外に排出するはずの老廃物や有害な物質を身体に溜め込んでしまうからです。

そしてこの状態がダイエットの妨げになるのですexclamation×2

2650219_m.jpg




これを防ぐためにお酒は、同量の水を一緒に飲みながら飲みましょうひらめき
そうすることで、代謝が促され、
いらないものが身体にたまりにくくなり、
肝臓への負担も和らぎます。

5.png

せっかくのお正月、美味しく楽しく、体重増加を上手に阻止してお酒を楽しんでくださいねるんるん


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【2022年 お年玉キャンペーン開催】

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
お正月に付いたお肉は早めに撃退!!
あなたが気になる部分を狙い撃ち手(グー)
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
名称未設定 (Facebookの投稿).png



公式LINEお友だち登録をしていただいている方に

更にお得になるクーポンを配信しています。

ぜひ、ご登録してクーポンをGetしてからお申し込み下さいねわーい(嬉しい顔)


 公式LINEご登録はこちらから

↓↓↓↓↓

友だち追加




ひらめきこちらの記事もおすすめひらめき

かわいい年末年始の体重増加予防対策!!⇒http://blog.tomo-fitness.com/article/181924933.html
かわいい年末年始のごちそう続きでも体重を増やさないようにするための6つのポイント⇒http://blog.tomo-fitness.com/article/188250981.html

かわいい食べ過ぎた時のリカバリー法⇒http://blog.tomo-fitness.com/article/189227554.html



おまけ

今年もエクセル&マウスで干支描きました(笑)

2022寅年.png


posted by tomo at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188270442
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック